TOP >> WEB SOLUTION

WEBサイト制作・リニューアル

WEB制作現場において、日々新しい規格や技術が生まれています。
ただし、古いPC環境においては新しい規格に対応していないことが多々あるのが現状です。

弊社では、お客様とWEBサイト利用者層の環境を考慮したディレクションを徹底的に行います。最新の技術を使うことはもちろん、既存技術を応用した対応をすることにより、多くの環境で快適に利用ができるサイト制作を心がけています。

CMS化のメリット・デメリット

iPhoneから閲覧したページにAndroid向けの情報や商品が掲載されていても、ユーザの求める情報ではありません。iPhoneからアクセスする際には、iPhone向けのサイトを表示させることが売上アップに繋がります。

そのためには、ユーザの使用している端末に合った情報を、表示させることが重要になってきます。この際、ユーザに意識させることなく適切な情報を表示させることが望ましいです。

同じアドレスにアクセスすれば、端末別専用ページに振り分けが可能です。

http://sample.co.jp/smartphone/というアドレスを1つ用意すれば、QRコードなどから端末を意識せずにアクセスできます。自動的にiPhone、iPad、Android携帯、Amdroidタブレットの4パターンを認識して、適切なサイトを表示させます。

激増するスマートフォンのシェア。ビジネスチャンスを逃さないように。

コムスコア・ジャパンによる日本のモバイル利用に関する携帯動向調査で、2011年3月時点でのスマートフォンユーザ数が976万人に達したとの発表がありました。そのうち半数の460万人がアンドロイドユーザです。

また2011年度のスマートフォン出荷台数は前年比2.1倍の1820万台となり、携帯電話総出荷台数の46.8%を占めると予想しています。

2010年国内スマートフォンシェア

2011年10月には、iPhone4Sが発売され、それに追随するように国産Android端末も多く発表、発売が開始されています。iPadやAndroidタブレットなどのモバイル端末の劇的な普及を考慮すると、スマートフォン、タブレット端末対応を早急に考慮することが必要です。

端末別にサイトの内容を出し分けが可能。

iPhoneから閲覧したページにAndroid向けの情報や商品が掲載されていても、ユーザの求める情報ではありません。iPhoneからアクセスする際には、iPhone向けのサイトを表示させることが売上アップに繋がります。

そのためには、ユーザの使用している端末に合った情報を、表示させることが重要になってきます。この際、ユーザに意識させることなく適切な情報を表示させることが望ましいです。

同じアドレスにアクセスすれば、端末別専用ページに振り分けが可能です。

http://sample.co.jp/smartphone/というアドレスを1つ用意すれば、QRコードなどから端末を意識せずにアクセスできます。自動的にiPhone、iPad、Android携帯、Amdroidタブレットの4パターンを認識して、適切なサイトを表示させます。

現行のホームページをスマートフォン対応に。

スマートフォンでホームページを見ていて、「小さくて見づらいな」と感じたことはありませんか?これは、PC用に作られたサイトをスマートフォンが自動的に縮小してしまうからです。

弊社サイトのように、自動的にホームページを表示しているブラウザの横幅を認識して、自動的に見やすいサイズに調整することが可能です。

弊社サイトは、PC、iPad、iPhone、Android、それぞれの端末で表示した時に自動的に横幅が調節されるように製作してあります。

 お問い合わせはこちら info@qualia-ga.co.jp